Menu
098-860-6869
沖縄ホエールウォッチング予約フォーム
098-860-6868
沖縄ホエールウォッチングよくある質問 沖縄ホエールウォッチングメール相談

沖縄ホエールウォッチング画像

鯨との遭遇率は、なんと98%(去年実績)

くじら大型クルーズ船で楽しむ沖縄ホエールウォッチング。揺れも少なく高速船ともあり、ほとんど出港から約1時間以内に鯨と遭遇しております。10年間の実績95%以上の確率で鯨と遭遇している唯一のクルーズ船です。ご家族みんなで楽しめるツアーとして人気があります。また、レンタカー割・グループ割り・酔い止め薬も付いて、おトクにご参加が可能です。詳しくはお問い合わせください。  
開催時期:2015年1月5日〜4月5日まで
ツアー内容 価格
大人 4,000円
子供:4歳〜11歳 3,000円
子供:0歳〜3歳 1500円
慶良間諸島3ボートファンダイビング+ホエールウォッチング
詳しくはこちらから
15800円(レンタル器材込)
慶良間諸島体験ダイビング+ホエールウォッチング
詳しくはこちらから
9500円2名様からお一人様¥500割引
クルーザーチャーター 60,000円

レンタカー割:現地集合の方は1グループにつき【割引500円】

グループ割:10名以上の方は1人【割引300円】

※クルーザーチャーターにつきましては、割引き及び保障適用外とさせて頂いておりますので予めご了承ください。また、割引は併用不可となります。割引はホエールウォッチングのみとなります。
料金に含まれるも
定期便

・乗船料 ・ガイド料 ・保険料 ・ライフジャケット ・酔い止め薬
・送迎(那覇市内のみ・要予約)※市外送迎につきましては、要お問い合わせください!

チャーター便

・チャーター料 ・温かい飲物 ・ガイド料 ・保険料 ・ライフジャケット ・酔い止め薬
・送迎(那覇市内のみ・要予約)※市外送迎につきましては、要お問い合わせください!

ご準備ください。

沖縄ホエールウォッチングは冬場の海上で行うため、防寒対策はバッチリとしておきたい。必携はセーターとウィンドブレーカー。特にウィンドブレーカーは、ひざまであるものにすると効果的だ。また、足元も冷えるので、厚手の靴下や、雨具、耳まで追おうことのできる帽子も必携だ。また、遠くまで見える様に双眼鏡などあればとても役立つ。それ以外にも船に酔いやすい方は、酔い止め薬を携帯しておくとよい。※数に限りがございますのでお早めにご予約ください。

沖縄ホエールウォッチングタイムスケジュール(所要約4時間)
便 現地集合 出港 クジラウォッチング 帰港|各自解散
午前 8:30 9:00 9:30〜11:00 12:30
午後 12:30 13:00 13:30〜15:00 16:30

2隻の高速船でご案内!(注)天候、海洋状況・クジラ出現状により上記の時間が異なる事がございますのでご了承ください

【⇒集合場所マップ】
※天候、海況状により出しやすい港もございます。船酔いを最小限に抑え、快適に楽しんで頂ける様にといつも考えております。状況によっては那覇市以外の港集合もございます。前日にこちらからお電話、FAXにてご案内しますのでご安心ください。
ショップ連絡先(098)860-6868|ナビ設定電話番号(098)897-7017

※必ずお読みください。
●【ご予約のキャンセルについて】予約の取り消しは、ツアー開催前日までにお電話などでご連絡ください。それ以降の予約取消や事前連絡なしに乗船を取消した場合にはツアー料金の全額を頂いておりますのでご了承ください。連絡先(098)860-6868
●TEA-DAが開催致しますダイビングコース(体験・FUNダイビング)にご参加のお客様に限り、翌日のツアーを¥2500にてお楽しみ頂けます。(レンタカー割など各種割引・保障適用外となります。)
●子供料金は11歳以下を対象とさせて頂きます。但し、安全上の理由により3歳以下のご参加は天候上の理由によりお断りさせて頂く場合もございますので予めご了承ください。また、乗船中はスタッフのご案内に従ってください。
●お客様の都合によるお申し込みを取り消しは、前日17時以降の場合は50%、当日の場合は100%のキャンセル料を申し受けます。
●10名以上のグループでお申込の場合は、グループ割引(チャーター適用外)があります。お問合せください。 (2月・3月レンタカーでお越し頂いた団体のみの適用とさせて頂きます。)
●港には有料の駐車場がありますので、レンタカーでもご利用頂けます。(自社負担)
●ホエールウォッチングは高確率で観察することができますが、野生の鯨の為、水面に姿を見せない場合もございますので予めご了承ください。また、海洋状況が悪く、船を出港させることができない場合は、安全対策上直前であっても中止になることもございます。また、出港後の海洋状況の変化により帰港時間を繰り上げることもあります。

ここが違います!!ティーダのホエールウォッチング

☆沖縄ダイビング スクール ティーダが開催する沖縄ホエールウォッチングツアーは乗り換えが一切ありません。

沖縄ダイビング スクール ティーダが主催するツアーは、本島から直接慶良間諸島に向かいます。よって、面倒な乗り換えなど一切なし。お客様の貴重なお時間を無駄にしません。
沖縄ホエールウォッチングで乗船していただく船は、大型高速クルーズ船。キャビンには暖房もついており快適なクルージングが楽しめます。

⇒船の詳細はこちら!

☆沖縄ダイビング スクール ティーダではケラマ諸島の島と提携して情報をもらっているので探す手間を省きお客様の大切な時間を無駄にすることなく高確率でクジラをお見せすることが可能です。さらに!

添付画像 1.鯨に遭遇できなかった場合には期間内であればいつでも再チャレンジが可能です。
(参加者一人でも鯨の姿やブローを確認された場合には保障対象外となりますので予めご了承ください。)
また、日程内に再チャレンジが不可能な場合は、全額返金も可能ですのでご安心してご参加が可能です。
※12月27日〜1月5日および4月1日〜4月5日は特別出航につき、返金や再チャレンジは対象外となります。
添付画像 2.大型高速船2隻を所有しているのでほとんどの場合、出発から1時間以内に鯨を発見可能です。
また、船内は広く、2階デッキもあるので遠くにいる鯨も観察可能!トイレ、温水シャワー、キャビンなどもあるので寒さ対策もバッチリ!濡れることなく快適に過ごせます。
添付画像 3.不定期航路事業所、沖縄公安委員会指定安全対策優良店!保険もバッチリカバーされており、安心してご利用になれます。

動画で見るホエールウォッチング


※上記の動画は携帯電話で撮影されたものです。出来る限り近づいて、間近で見せられ喜んで頂ける様にと考えております。

お客様の声



感動体験ホエールウォッチングを楽しんだあとは・・・・温かい沖縄そばはいかがですか?? 添付画像
ホエールウォッチング終了後、温かい沖縄ソバはいかがですか??大東そば(那覇市)や優美堂(糸満市)でも利用可能!更に、サーターアンダギーもプレゼント!大迫力沖縄ホエールウォッチングも沖縄そば、沖縄菓子もたべて大満足の沖縄ホエールウォッチングツアーを楽しもう!さらに、おトクなダイビング割引きも含まれております! (例:沖縄そば¥525⇒¥325など)

ザトウクジラの行動


添付画像 ブロー(Blow)
ブローというのは潮吹きのことです。しかし、火を汲みえるのは潮を吹いているのではなく、私たちの息が寒い日に白く見えるのと同じで、kujiraたちの息が白く見えているのです。彼らは人間よりも肺を有効に使って呼吸するので、「ブホォォ〜」と大きな音がします。また、彼らの息はなんとも生臭い匂いがします。
添付画像 テールフルーキング(Tail fluking)
尾ひれを水面上に上げること。主に、泉水をはじめる時に見られる行動ですが、尾ひれがほぼ垂直に空中に持ち上がり、腹部が見える潜水をフルークアップダイブ、尾ひれが曲がったままの泉水をフルークダウンダイブといいます。
添付画像 3:ペックスラッピング(Pec-slapping)
体を横向きにしたり、仰向けになりながら、胸びれで素面を叩くことで、フリッパースラッピングとも呼ばれます。特に他の鯨に比べて非常に胸びれの長い座頭鯨によく見られます。座頭鯨は,水面をたたく前に片方あるいは両方の胸びれを水面上に出してヒラヒラと揺らします。
添付画像 4:ヘッドスラップ(Head-slup)
頭部を水面から持ち上げ、そのまま水面に叩きつける行動。派手な水しぶきがあがる、ブリーチの次にダイナミックな行動。
添付画像 5:スパイホッピング
ほぼ垂直に体を水面上に出し、不亜旅水面上に沈みます。ブリーチングなどに比べて静かで穏やかな行動です。
辺りを見回しているとか、人間を観察しているのではないかといわれています。スパイのように静かに様子をうかがうことから、この名が付きました。
添付画像 6:テールスラッピング(Tail-slapping)
尾ひれで水面をたたく行動で、ペダンクルスラップとも言います。
鯨たちは尾ひれの上下の動きfr前へ進んでいるのですから、彼らの尾ひれの力も相当なものです。時分の身を守るために行う、あるいはしつこい雌がしつこい雄を追い払うときなどに行うといわれています。
添付画像 7:ブリーチング(Breaching)
体を思いっきり水面に持ち上げ、半回転しながら背中から落下する行動。最も見ごたえのある光景です。

よくある質問


▼ ザトウクジラについて
Q1:なぜケラマでクジラが見られるの?
12月下旬から5月初旬にかけてケラマ諸島周辺の海域にザトウクジラがやってきます。夏場をエサの多いベーリング海等の北の海で過ごし、秋から南へ下り始め、沖縄南西諸島、小笠原諸島などに姿を現します。その距離約9000km!春、夏に充分にエサを食べ丸々太ったザトウクジラは、秋から冬にかけて沖縄近海で繁殖、出産、育児をするといわれていますが、その生態はまだまだ謎に包まれています。

Q2:ザトウクジラは、何を食べる?
イワシ、ニシンなどの小魚群を捕食。大きな口でエサを海水ごと飲み込み、口を閉じると水は排泄され、エサだけが歯の代わりとなるヒゲ(口の中)に引っ掛かります。

Q3:ザトウクジラの特徴は?
大きさは、体長15m、体重30t以上にもなります。胸びれが5mと長く、頭、口、胸びれに小さいコブが沢山あるのが特徴。英名humpbackとは猫背、太鼓橋(半円形の橋)、せむしの意味。潜水時、背中を大きく曲げるしぐさを模してます。身体に対して目が小さい。グレープフルーツくらい。尻尾の裏の模様が各々違い、個体識別の手掛かりとなる。

Q4:ザトウクジラの寿命は?
ザトウクジラの寿命は大型のもので20〜30年とも、70年とも云われてます。

Q5:ザトウクジラの生息数は?
商業捕鯨開始前には25万頭も生息していたザトウクジラは、乱獲のために1980年代には全体で7000頭まで激減してしまいました。しかし、1964年以降全面的に捕鯨禁止となり現在の推定生息数は、12000〜15000頭。非常にゆっくりではあるが、回復しつつあると期待されています。

Q6:クジラの赤ちゃんはどうやって生まれるの?
4〜8歳位から繁殖を始め、妊娠期間約一年で1頭の子が産まれます。
(体長4〜5m)。クジラは殆どの種類で『逆子』つまり尾のほうから生まれてきます。哺乳類であるクジラは、母親の体内から外界へ出て、へその緒が切れた瞬間に自分で呼吸をしなければなりません。頭から出てきてお産が長引くと、途中で溺れてしまう為、出産直前までへその緒で呼吸できるように逆子で生まれてきます。日に何十リットルものミルクを飲み、親に寄り添ってブリーチしたりジャンプを教わったりして、すくすく育つのです….約一年で乳離れします。

Q7:ザトウクジラは歌う!
殆どのクジラが『鳴く』程度なのに対して、ザトウクジラは『歌』と呼べる色々な高さの音を発生させます。神秘的ともいわれるザトウクジラの歌は、6分〜最長35分にもなり、更に…
☆☆最後まで歌うとまた最初から歌い出す(!)
☆同じ海域のオスは皆同じ 流行りの曲を歌う。しかも来季その曲をまた歌う。
☆歌は、いくつかのテーマから構成されており、成熟したオスからメスへのラブソングや失恋の歌、縄張り宣言….などなど。親近感が湧きますね。

▼ ツアーについて、
Q1:どんな船で行くの??
一番多いのがこのご質問です。当社の船は長さ17m・幅4mで高速船が2隻となっております。あまり定員を取ってしまうと船が重くなり遅くなってしまいます。その為、最大人数も制限させて頂いておりますのでご了承ください。また、酔い止め薬もサービスでついているのでご安心して乗船頂けると思います。詳しくはこちらをご覧ください。⇒船の詳細はこちら!

Q2:送迎はしてもらえますか?
はい!那覇市内であればお迎えにお伺いいたしますが人数により出来ない場合もございますので予めご予約時にお申し出ください

Q3:レンタカーでの現地集合の場合、駐車場はあるの?
はい!港には有料駐車場がございますが、当社にてご負担させて頂きます。

Q4:中止になった場合は?
雨が降っても海況が問題ない限り中止はございませんが大降りになった場合はその限りではございません。中止の場合はツアー前日かもしくは集合前もしくはお迎えの前までにこちらよりご連絡を差し上げております。

Q5:観察時間は何時間くらい?
ツアー全体のお時間は3時間くらいとなります。港を出てから1時間以内には鯨と遭遇しております。遭遇してから1.5時間くらい観察致します。

Q6:小さい子供がいますが、家族みんなで参加できますか?
はい!問題はございません。しかしながら安全上の都合により海況が悪い場合はお断りする可能性もございます。その場合のキャンセル料金は頂いておりませんのでご安心ください。ちなみに3歳以下につきましては¥500とさせて頂きます。

Q7:妊娠中ですが参加できますか?
基本的はお勧め致しません。船は必ず揺れるものでございます。

お客様の声
MORE

海も船も楽しく過ごさせて頂きました。(トローリングは残念ながら釣れませんでしたが(笑))特に島には昔ながらの赤瓦にシーサー、時間を忘れるくらいにのんびりできました。合計8ダイブ、満足のダイブクルーズでした!明日から仕事ですが、沖縄ぼけがいつまで続くかが不安ですが・・・(笑)

昔の沖縄はこうだったんだ!と思わされるくらいのツアーでした!イソマグロ・ギンガメアアジのトルネード、青がすごく際立つ洞窟、断崖絶壁のドロップオフなどなど多くの生物、大物との遭遇に感動させられるツアーでした。PS バーベキューは特に最高でした!

沖縄でダイビングのお問い合わせは今すぐ、こちらから!
tel
098-860-6868
沖縄ダイビングによくある質問 沖縄ダイビング簡単予約
fax
098-860-6869
沖縄ダイビング予約 沖縄ダイビングについて相談フォーム